パミール屋根に塗装は危険です

日頃、屋根外壁塗装をお考えのお客様のご自宅を建物診断していると、
パミール屋根と呼ばれる屋根材を見受けることがあります。

パミール屋根とは、住宅建材メーカーのニチハ株式会社様が1996年~
2008年まで販売していた屋根材です。
   
一見、普通のスレート屋根(コロニアル屋根)に見えるのですが、
パミール屋根に現れる特徴があります。
  
  
  
  
屋根材の先端がミルフィーユ状の層間剥離を起こしていることが
お分かりになりますか?
この現象は、塗膜の剥離ではなく製品自体の構造上の問題から
発生している不具合です。

それは、もしかしたら耳にしたこともあると思いますが
「アスベスト問題」が関わっているのです。

 
2003年以前に構造された屋根材にはアスベストが入っていました。
現在は、アスベストによる健康被害は広く知られていますが、
その問題が発覚する以前は、アスベストは工業材料として
様々なものに使用されてきました。

健康被害が確認され、アスベストが使用禁止になってきた頃に、
アスベストを使用しない建材の開発が行われました。
その中のひとつがパミール屋根なのです。

  
簡単な説明になってしまいましたが、この不具合が発生している
屋根に塗装を施しても、耐久性がないのでやはり剥がれてきて
しまいます。

劣化が少ない場合はカバー工法、進んでしまっている場合は
葺き替え工事のどちらかになります。塗装は不可です。
  
  
  
ユウマペイントは、屋根のメンテナンスとして、築20年未満の
場合は塗装工事、それ以上ならカバー工法か葺き替えという
考え方ですが、パミール屋根の場合は違ってきます。

ですがなかなか、ご自宅の屋根のメーカーや種類等を覚えて
いらっしゃる方は少ないと思います。

ユウマペイントスタッフは、屋根を見れば判断が出来ますので、
屋根塗装をお考えの方や、既に見積をもらっているけど不安な方
などいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。
 

施工事例

お客様の声

イベント・チラシ

キャンペーン

ユウマのイチオシコンテンツ

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください
資料請求はこちら
お見積もりはこちら