アフターサービス

外まわりの工事は、大抵の場合「一回やったらおしまい」ということはほとんどありません。
塗料の種類にもよりますが、最大でも15年もすれば、再度メンテナンスをする必要があります。
塗装の効果が外壁以外の場所のメンテナンスが必要な場合もあるでしょう。
なので私たちは、「工事が完了してからが本当のお付き合いのはじまり」と考えています。
工事完了後どのようにフォローしてくれるかも、業者を見極める上で重要なポイントです。

保証を確認する場合

依頼の前に保証内容をしっかり確認してください。

  • 誰が保証するのか?
  • どの場所を何年保証するのか?
  • 保証箇所に塗装した塗料の耐久年数は何年か?
  • どんな場合に適用されるか?

塗装業者とメーカー

誰が保証するのか?保証するのは、基本契約した塗装業者による施工保証と、塗料メーカーによる塗膜保証の2種です。
施工保証は、そもそもその会社の経営が10年続かなければ保証されないので、実績と信用があるか、見極めることが重要です。
業者が組合などの第三者保証に加入していた場合は、倒産していたとしても保証を受けられる場合があります。

どの場所を何年保証するのか?

保証は期間よりも、内容が重要です。
「保証」と聞くと、つい工事範囲すべてを保証してくれるように感じてしまいますが、ここにも落とし穴が潜んでいます。

特に重要なのは「木部」と「鉄部」。いわゆる「付帯部」と言われる部分ですが、 実際にトラブルが起きやすいのがこの部分です。
まず、付帯部分もしっかり保証に含まれているか、確認しましょう。
その上で、付帯部分に使われている塗料も抑えておくことが重要です。

住まいの傷み具合によって、外壁と付帯部で使用している塗料が異なる場合、保証の年数も塗料によって変わるからです。

どんな場合に適用されるか?

地震や台風などの自然現象が原因、業者以外が原因の場合、施工完了後に起こった事が以下の原因の場合、だいたいの保証制度で保証が受けられませんのでご注意ください。

安心のW保証

「施工力が高くても、たまたま私の家を塗装するときに失敗されると困る…」

確かにこの可能性は0ではありません。そのため、使う塗料によって異なりますが、最長10年の自社保障と塗料メーカーの保証を付けています。これだけの保障を付けられるのも施工力に自信があるからです。定期メンテナンスは、施工後3ヶ月、1年、2年、3年のタイミングで私達から事前に連絡させていただき、基本的にお客様立会いのもと検査をします。

保証が最長10年で、定期メンテナンスが3年なのも理由がございます。初期不良が起こる場合のほとんどが3年目までに出ます。つまり、4年目以降は問題が起きる可能性が減ります。4年目以降も定期メンテナンスに伺っていると、無駄な人件費がかかってしまいます。これを無くすことで、低価格でも2~3年長持ちするような高品質な施工ができることにも繋がります。もちろん、4年目以降も不具合があれば、直ぐに伺います。

定期点検だからと言って手は抜きません。

国家資格を持ったプロの診断士がしっかりと点検いたします。何か起こってから対応するのではなく、私達自ら責任を持って連絡させていただきます。塗装後すぐに剥がれるといったことはまずありませんが、万が一の際には、どんな小さな塗り直しにも即日対応させていただきますので、ご安心ください。

私達にご依頼いただければ、塗っただけで終わりというようなことはしません。次の塗替えまで何があっても安心できる塗装であなたのお家を守ります。

最後に

見た目には分からないのですが、施工時に仕様書通りに塗料の厚みをつけていないと通常の耐久年数以前に劣化し始める事が塗装業界の現実問題として実際に起こっています。

ユウマペイントでは、施工時の検査で塗膜の厚み不足やその他施工不良等は全て施工期間中に対応し、引き渡し時には完璧な仕上がりを心がけております。

お引渡し後の定期メンテナンスに際して、塗膜の状態を検査確認し、必要であれば手直し・補修を行い、常にお住まいが良好な状態を保てるように見守らせていただいております。

 

施工事例

お客様の声

イベント・チラシ

キャンペーン

ユウマのイチオシコンテンツ

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください
資料請求はこちら
お見積もりはこちら