我孫子市屋根葺き替え・外壁塗装から1年点検

今回は我孫子市にて屋根葺き替え・モルタル外壁塗装リフォームから1年後の定期点検にお伺いいたしました。
当時の実際の施工の様子はこちらをご覧ください。

■サイディング外壁の調査

最初に外壁点検の様子をお伝えいたします。
 
モルタルの外壁を、日本塗装名人社の「無機UVコート水性遮熱」という無機塗料で、色はSC-04という色番のホワイト系で施工いたしました。
定期内容は主に
・塗膜の剥離(はくり)がないか
・構造体に及ぼすひび割れ、欠損がないか
・色褪せがないか
以上を重点的に点検を行います。
1階は目視、2階はドローンを使用してチェックを行いました。
塗膜に膨れや剥がれ、変退色の異常はありませんでした。
 
今回の塗料は、メーカー期待耐久性15年という超耐久年数で汚れがつきずらい親水性の特性を持ちます。親水性の塗料は汚れに対して効果を発揮します。なぜなら、晴れた日に汚れが外壁に付着しても雨の日に雨水が外壁塗膜に触れることで外壁に付着した汚れを浮かし、雨水と一緒に流れ落としてくれるからです

■付帯部の調査

続いては付帯部の点検です。
最初に軒天井の点検です。外壁同様、塗膜に異常がないか確認していきます。
とてもきれいな状態がキープされていました。

続いて雨樋を確認していきます。
雨樋のへこみや金具の緩みもなく、こちらも問題ありませんでした!

■屋根の調査

次に葺き替えをした屋根の点検をしていきます。
使用した屋根材は、ディーズルーフィングのディプロマットという商品で、色はカフェというブラウン系です。

基材の浮きや外れもなくきれいな状態でした。また雨樋につまり等もありませんでした。
 
瓦屋根はとても耐久性に優れていますが、ひび割れや欠けた部分から雨水が浸入し、防水紙や野地板の劣化が先に進んでしまう場合もあります。劣化の状態によってはこのように葺き替え工事をご提案させていただいています。
また、地震が発生した場合、重い屋根材であると激しく揺れるため、家が倒壊する恐れがあります。軽い屋根材に葺き替えることで、地震の揺れを抑えることができます。
葺き替えることでどのくらいの軽量化が図れるか等の詳細は、お役立ち情報ページからご確認ください。

これらの以外の付帯部の点検を行い、今回の1年点検が無事に終了しました。
塗装から1年とまだ経過が浅いということもありますが、全体的にとても良好な状態でした。

残りの定期点検もしっかりとメンテナンスにお伺いいたします。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

■安心の定期点検の様子はYouTubeチャンネル【ユウマ通心】でもご覧いただけます

施工事例

施工事例
603
掲載中!

お客様の声

イベント・チラシ

キャンペーン

ユウマのイチオシコンテンツ

お問い合わせ


お気軽にお問い合わせください
資料請求はこちら
お見積もりはこちら