無機塗料についてちょっと眠くなる話① ~佐々木のインタビュー~

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

日本塗装名人社の無機を使う理由はこちらから
「無機」という塗料を私たちは4~5年連続で売り続けているのですが、それは無機塗料に価値を見出して下さったお客様がいるからということもありますが、本来は無機塗料に価値があるとお客様以上に思っているのは私たちでなければいけないですよね実際どうかは別として。
「無機って絶対にいいんだよね」と日本で一番思っている人たちが私たちでなければいけないというのが大前提にあります。
私たちは、日本で一番無機塗料を扱っていて、日本で一番無機塗料を信じていて、日本で一番無機塗料に向き合っているのだと思います。ちょっとボケた感じに聞こえますが(笑)
それは何故かと言うと、「守る」ということに対して一番近い塗料だからです。
では何故、無機塗料が一番いいのかと言うと、そもそも「無機塗料」という名前は造語です。「シリコン塗料」も造語です。「フッ素塗料」も造語です。
誰かが「この名前でいいんじゃない?」と言って決めてるのです。
ちなみに、塗料は全部「アクリル」で出来ています。アクリルって何かと言ったら石油です。石油をアクリルって呼ぶくらい、単純に塗料は全部石油から作られています。そこで見ていくと「無機塗料もシリコン塗料もフッ素塗料も、元は全部アクリル」なのです。

アクリル塗料にシリコン樹脂、もしくはシリコンのセラミック顔料を入れたものがシリコン塗料という呼び方をしています。
アクリル塗料にフッ素という結合式を入れたものをフッ素塗料と呼びます。
アクリル塗料にウレタン結合というものを施したものがウレタン塗料です。
ウレタン樹脂を入れたのではないです。ウレタン結合です。
この「ウレタン塗料」にシリコーンと言われる樹脂もしくはセラミックと呼ばれるシリコン性のもの(粉黛)を混ぜたものがシリコン塗料です。
では「シリコン塗料」にフッ素を混ぜたらフッ素塗料なのかと言うと違います。アクリル塗料をウレタン結合させた上に更にフッ化加工させたものがフッ素塗料です。フッ化加工とは何かというと、ウレタン結合してるものの間に、更に結合する(3結合なのか4結合なのか)。それによって耐久年数が変わってきます。
では、無機塗料は?
無機塗料は、アクリル樹脂塗料をウレタン結合させて、更に無機顔料を混ぜて更にシロキサン結合という結合式で結んだものが無機塗料と言われます。

無機塗料を正式な名称で言うなら「シロキサン結合塗料アクリル樹脂ベースウレタン結合の上にシロキサン結合をさせた無機顔料入り塗料」となります(笑)
これは長いですね。
実際、この塗料を発売する際に「シロキサン結合塗料」か「無機塗料」にするかの二択でした。なのでもしかしたら「シロキサン結合塗料」になっていたかもしれません。
 

施工事例

施工事例
618
掲載中!

お客様の声

イベント・チラシ

キャンペーン

ユウマのイチオシコンテンツ

お問い合わせ


お気軽にお問い合わせください
資料請求はこちら
お見積もりはこちら