柏市I様邸 屋根カバー・外壁塗装リフォーム

お客様のご要望 営業マンの対応はよくても、職人さんの姿勢が見えないので不安に感じていました。
  柏市I様邸 屋根カバー・外壁塗装リフォーム

施工事例データ

住所 千葉県柏市藤心
施工箇所 外壁塗装・屋根カバー・シーリング撤去打ち替え・軒天塗装・雨樋塗装・破風板塗装・幕板塗装・シャッターボックス塗装・水切り塗装
施工内容 屋根カバー・外壁塗装リフォーム
費用 208万円
工期 約3週間
築年数 築13年
使用商材 外壁:アステックペイント 超低汚染リファイン1000MF-IR(上部:8095ミッドビスケット 下部:8074カラーボンドアイアンバーグ) 屋根:ディーズルーフ ディプロマット(色:カフェ)
施工前はこちら
ユウマペイントによる施工中の様子
施工が完了しました

リフォームされたお客様の声

ユウマペイントさんのことは、近所で施工したお友達より紹介していただきました。前から塗装を検討してはいましたが、営業マンの対応はよくても工事に入る職人さんの対応が分からなかったので決めきれずにいたところ、お友達が施工を終えて「ユウマさんよかったよ」と言っていましたので紹介していただきました。担当の秋葉さんは最初の調査で我が家は「塗装できない屋根なのでカバー工法になります」とハッキリ教えてくれました。建物をしっかりと守るために日々、学んでいらっしゃるんだなという姿勢を感じ取ることができました。入ってくれた職人さんも明るく丁寧に仕事をしてくれました。
暑い時期でしたので、感謝しています。今後はアフターメンテナンスがあるとのことなので、そちらも期待しております。

リフォーム担当者の声

I様は以前に僕が担当したお客様のお友達ということで紹介していただきました。築13年で外壁塗装を初めて行うI様邸の建物診断をさせていただいたところ、屋根は塗装ができないコロニアルネオという屋根材でした。コロニアルネオはひび割れが出やすく、塗装での保護が難しいです。また、少しの力でも割れてしまいます。平成13年頃にアスベストを屋根材に使わなくなったのですが、アスベスト無しのスレート屋根材を開発する技術を、メーカーが持ち合わせていなかったがために、今こういった現象が起こっているものと考えています。詳しくはパミール屋根材のページをご覧ください。
I様邸も上記理由によりカバー工法にいたしました。お家全体はブラウンを基調とした仕上がりになりました。今後は定期点検にてしっかりとチェックさせていただきますので、引き続きよろしくお願いいたします。

安心の定期点検の様子はYouTubeチャンネルユウマ通心にてご覧ください!

施工事例

施工事例
613
掲載中!

お客様の声

イベント・チラシ

キャンペーン

ユウマのイチオシコンテンツ

お問い合わせ


お気軽にお問い合わせください
資料請求はこちら
お見積もりはこちら
採用情報