市川市Y様邸 屋根カバー・外壁塗装リフォーム

お客様のご要望 外壁塗装のそもそもの相場がいくらなのか、屋根の修理がいくらくらいかかるのか分からなかったので不安でした。
  市川市Y様邸 屋根カバー・外壁塗装リフォーム

施工事例データ

住所 千葉県市川市鬼越
施工箇所 屋根カバー・外壁塗装・シーリング撤去打ち替え・雨樋交換・軒天塗装・破風板塗装・シャッターボックス塗装・水切り塗装・出窓塗装・換気フード塗装
施工内容 屋根カバー・外壁塗装リフォーム
費用 180万円
工期 約21日
築年数 15年
使用商材 外壁アステックペイント 超低汚染リファイン1000MF-IR 8113 トゥルーホワイト 屋根:アスファルトシングル デュアルブラウン
外壁・屋根の素材名 外壁:サイディング 屋根:パミール
施工前はこちら
ユウマペイントによる施工中の様子
施工が完了しました

リフォームされたお客様の声

初めての塗装工事を行おうと思いインターネットで調べていたら、我が家の屋根はパミール屋根という脆い屋根材でできていることを知りました。塗装ではないので、いったいいくらくらいになるか不安でしたが、カバー工事を行っているユウマペイントさんに見積もり依頼をしてみました。金額を知るまでは不安でいっぱいでしたが、説明を聞きに船橋のお店に伺った際の店長さんの親切丁寧な説明や、スタッフさんが明るく対応してくださったので信頼というか、お願いして大丈夫だなと思えることができました。実際に工事をしてみた感想は、職人さんも礼儀正しく気持ちよく作業してくれましたし、途中で何度も検査をしてくださったりとこちらも安心できました。完成までに色々不安はありましたが、ユウマさんを選んでよかったと思っています。ありがとうございました。

リフォーム担当者の声

Y様は、ホームページを見てお見積り依頼をくださいました。築15年というY様邸の現地調査をさせて頂いたところ、サイディングの外壁は、シーリング材が老朽化し伸縮率が低下しているために、建物に加わる外力に追随できず破断を起こしている箇所がありました。また、手で擦ると粉が手に付着しました。これは塗膜表面の樹脂や顔料が劣化し、粉化物が表面に付着するチョーキング現象と呼ばれる症状です。屋根はY様もご存知だった「パミール屋根」という塗装では守ることのできない屋根材でした。塗装が出来ない屋根というのは、素材自体が脆く割れや剥がれが見られるものなので、塗装をしても素材自体から剥がれてきてしまうので、塗装ではなくカバー工法をご提案しております。一見、普通のスレート屋根なので見極めが必要で、会社さんによっては「塗装で対応可能です」というところもあります。耐久性のないパミールは塗装では守れませんのでカバー工法になります。塗装が出来ない屋根材はほかにも「コロニアルネオ」や「レサス」「アーバニーグラッサ」など様々あります。Y様邸の外壁の色は今回ホワイト系にしてイメージチェンジをしました。明るく清潔感なるお住まいになりました。

屋根外壁塗装に関するお役立ち情報は動画をご覧ください!

施工事例

施工事例
646
掲載中!

お客様の声

イベント・チラシ

ユウマのイチオシコンテンツ

キャンペーン

お問い合わせ


お気軽にお問い合わせください
資料請求はこちら
お見積もりはこちら