宮古島の曝露試験場

代表の佐々木が取締役を務める「日本塗装名人社」
(通称JPM)では現在、宮古島の土地の一角を所有し、
そこで塗料の曝露試験を行っています。
なぜ、宮古島なのか?
なぜ、このような試験を行っているのか?
一言で言うと、お客様に「本物の品質をご提供したい」
からです。
  

現在、色々なメーカーが様々な塗料を開発しています。
カタログにはメリットやあらゆる建物にも対応できる
などといった万能だという言葉ばかりが並べられていて、
素人の方は説明を聞いても目利きが難しいですよね。

私たちは、カタログ上の情報やメーカーの言葉だけを
鵜呑みにせず、常に本物を追求し、お客様へご提供
したいと考えています。

  
宮古島は、紫外線を強烈に受けている苛酷な環境
といえます。

その環境の中で耐え抜いた塗料こそが、本物の塗料
なのではないかと。

  
実際に・・・
紫外線に負けてしまった塗料もあれば・・・
見事に耐え抜いている塗料もあるのです。
もちろん、この試験にて耐久性が実証された塗料を
私たちはお客様にご提案をしております。
全てはお客様のために・・・。

私たちは常に本気で!本物を追求し続けています。
そして塗料メーカー様も常に本気で!自身の商品と
向き合い続けています。
これからも建物を守るプロとして、どんなことも
全力で取り組み、お客様へご提供してまいります。
 

施工事例

お客様の声

イベント・チラシ

キャンペーン

ユウマのイチオシコンテンツ

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください
資料請求はこちら
お見積もりはこちら