屋根塗装とカバー工法を比較

~築20年以上の建物にはカバー工法がお勧めです~
ユウマペイントでは、築年数が20年を経過したお客様の屋根は、塗装以外にカバー工法をご提案しております。
カバー工法と聞くと「高そう」とか「工期がかかりそう」といったことを不安視される方も多くいらっしゃいますので、ここではユウマペイントがお勧めしてるカバー材料や「塗装」と「カバー工法」でのトータルコストの違いなどをご案内いたします。
  
①ニチハ社 横断ルーフとディーズルーフ社 ディプロマットについて
ユウマペイントでは、屋根カバー工法をご提案させていただく際に、以前はニチハ製の横断ルーフという商品をご提案しておりましたが、現在はディーズルーフィング社のディプロマットという商品をご提案しております。ではこの2つの商品についてどのような違いがあるのかご説明いたします。
  
  
ニチハ 横断ルーフ
●特徴●
・塗装品なので定期的なメンテナンスが必要
・大粒の雨音が降った際、雨音がする
・メーカー保証は10年
・ガルバリウム鋼板の上に塗装してあるだけなので、物を落としたりすると傷がつきやすい
・ガルバリウム鋼板の間に断熱材が入っているので多少の遮熱効果がある
・塗装してあるだけなので塗膜が劣化すると錆や塩害に侵されてしまう恐れがある
ディーズルーフ ディプロマット
●特徴●
・ジンカリウム鋼板の上に天然石が吹き付けられているので色褪せない
・天然石が緩衝材になり、雨音が聞こえにくい
・メーカー保証は30年
・天然石が太陽光を拡散してくれるので遮熱性が高い
・鋼板の上に天然石が着いているため、雪止めの設置不要


②カバー工法のコストについて
カバー工法=塗装工事よりもコストがかかるイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょうか。
新築後10年が経過したスレート屋根で30坪のお住まいを目安としてご説明いたします。



【屋根塗装の場合】※金額は目安です



【カバー工法の場合】※金額は目安です ※ディプロマットの場合です
通常の屋根塗装と比較してしまうと金額は高いのですが、トータルコストで考えると塗装よりも安く経済的です。
ユウマペイントでは、屋根カバー工法の場合は工事保証書(10年)とメーカー保証書をご提出いたします。
施工後3ヶ月・1年・2年・3年と定期点検にて状態を確認するほか、保証期間中でございましたら、気になることがあればお伺いさせて頂く体制を整えております。
ディプロマットはカラーやグレードなども豊富に揃っておりますし、私たちがディプロマットで施工したお近くのお客様の実際の仕上がり具合を確認していただくことも可能です。(2~3名様ほどご案内させて頂きます)
築20年前後になるという方は、是非屋根カバーもご検討してみてることをお勧めいたします!
 

施工事例

お客様の声

イベント・チラシ

キャンペーン

ユウマのイチオシコンテンツ

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください
資料請求はこちら
お見積もりはこちら