塗装の流れ

1.お問い合わせ・お見積もり依頼

お問い合わせの様子 ホームページを見て気になった事やご相談は、お電話またはお問い合わせフォームにてお気軽にお聞かせ下さい。
弊社スタッフが親切丁寧にアドバイスをご提案いたします。お気軽にお問い合わせください。

また、ユウマペイントのショールームには、塗装に役立つ展示や、水まわりの商材に実際に触れて体感することができます。打ち合わせスペースもございますので、プロに直接ご相談いただけます。

2.診断

診断 お客様のご都合の良い日に合わせてお伺いさせていただきます。現状の外壁や屋根などをカメラにて撮影し、プロの目で見て悪くなっている箇所を入念に調査いたします。

3.ご提案

ご提案 診断結果をもとに、お客様に最適なご提案をいたします。内容をよくご確認の上、ご成約されるかご検討下さい。

4.プランの決定・ご成約

ご成約 お問い合わせいただいた内容をもとにお見積もり書を作成し、塗料の種類・色などをお打ち合わせさせていただきます。
その後、完成後をイメージしたカラーシミュレーションや、板にご希望の色を塗った塗り板にて、お客様のご希望されている色に相違ないか確認をいたします。
また、お得なチラシもございますので、そちらもどうぞご覧ください。

5.工事工程表をご提出

工事工程表 工事の着工から完工までの工程を、お客様に分かりやすく表にしてご提出、ご説明いたします。
この時に、不安なところや分からないところがございましたら、なんでも遠慮なくご質問ください。スタッフがひとつひとつ丁寧に対応いたします。

6.近隣ご挨拶

挨拶 工事が始まる前に当社スタッフが近隣の方々へ、お知らせの通知を持ってご挨拶に伺います。範囲としましては、境界の接するお宅全てと、騒音や交通等でのご迷惑が懸念されるお宅とさせていただいております。
近隣の皆様へも気を配りながら、責任をもって施工いたします。

7.施工

着工

着工 工程表に基づいて、当社職人が工事を進めてまいります。使用する塗料が取り決めしたものと仕様が合っているかなど、一つ一つに細心の注意を払い、きちんとした丁寧な作業をいたします。
また、ユウマペイントでは、毎日の作業完了後にお客様にへ「報告書」をご提出させていただいております。
お客様がその日不在でも、この報告書を見れば当日の作業内容を把握する事ができます。

仮設足場組立

仮設足場組立 足場を組む際は、お隣様の住宅との境界線であったり、車庫や花壇・電線などにかからないように細心の注意を払って準備作業を行います。
職人や作業現場の安全を万全に確保し次第、施工に取り掛かります。

高圧洗浄

高圧洗浄 施工箇所だけでなく、ご希望であれば外まわりなども洗浄いたします。
付着していた埃やカビ・苔等をキレイに洗い流す事はもちろんですが、洗浄をしっかりと行う事により、これから行う「塗る」作業において塗料と施工箇所の密着性を高める事が出来ます。

養生

養生 施工期間中でも窓の開閉や換気が出来るように、また、塗料や作業で汚れる可能性のある箇所にビニール等を使用し、養生を行います。細かい部分もしっかりと覆います。

下地処理

下地処理 サイディングの目地部分やスレート屋根のヒビ・破損部分など、必要な箇所には補修を行います。
仕上がりに差が出る重要な作業になりますので、手間を惜しまずに時間をかけてしっかりと行います。

下塗り

下塗り 下地の状況や塗料に合わせて下塗り材を選定します。
下塗りとは、お化粧で言うと下地クリームに似ています。中塗り・上塗りがファンデーションなら、下地を塗る事によって、ファンデーションのノリが統一され、より良い密着感が生まれますね。
同様に、施工箇所に下塗りをしっかり行う事で、中塗り・上塗りを行った際に、より密着性を高める事が出来る非常に重要な作業になります。

中塗り・上塗り

中塗り・上塗り この作業で、塗膜に厚みをつけ、耐久性を高めていきます。
塗料によってローラーを使用したり細かい部分には刷毛を使用したり、吹き付けたりと様々な手法があります。
基本的には2~3回塗り重ねますが、元の外壁の色や下地の色が、見えなくなるまで3回、4回と塗り重ねていく場合もあります。

鉄部塗装

鉄部塗装 鉄部は塗料の剥離を防ぐため、ケレン処理をしっかりと行います。
ケレンとは、塗膜が剥がれてしまって荒れている部分を、紙やすりやたわしのような物で擦り、表面を滑らかにする作業です。
そして、錆を防ぐための錆止めを塗り、仕上げていきます。

木部塗装

木部塗装 屋根や外壁同様に下塗り・中塗り・上塗りの順に仕上げていきます。木部は外壁と比べて傷みの速度が速いため、専用の塗料を使用して、しっかりとした施工を行います。

仮設足場撤去

工程表に基づいた施工完了後、細部の点検やお住まい全体の点検を行った後、足場を解体していきます。
ここでも、せっかくキレイになったお住まいを傷つけてしまわないよう、細心の注意を払いながら作業を進めてまいります。

清掃・片づけ

清掃・片づけ 工事の際に移動させていただいたものを元に戻し、清掃を行います。
工事が終われば全て終わりではありません。お客様のお庭はもちろん、玄関周りやお隣様の玄関前等、施工にご協力いただいたお礼を込めて、ささやかながら清掃をさせていただいております。

8.完了検査

完了検査 プラン通りに工事か完了しているか、お客様との立ち合いのもと、ご確認いたします。
施工品質のチェックや現場の清掃状況等を細かく検査をします。この記録は竣工図書に添付をしてご提出させていただきます。

9.お引渡し

お引渡し 工事完了の承認をいただいてからのお引渡しになります。お引渡しの際には竣工図書という書類をお渡し致します。
竣工図書には、材料の発注書・引き渡し証明書・使用材カタログ・施工前写真・施工中写真・施工後写真・使用材料一覧表・各検査記録・アフターサービス内容書・各保証書が含まれております。

10.保証書発行

保証書発行 使用する塗料によって保証年数は違いますが、メーカーの保証とユウマペイントの保証と併せてお付けいたします。
保証内容は塗料の劣化・変色・剥離が含まれております。

定期メンテナンスは、施工後3ヶ月、1年、2年、3年のタイミングで私たちから事前に連絡させていただき、基本的にお客様立会いのもと検査をします。
保証が最長10年で、定期メンテナンスが3年なのも理由がございます。初期不良が起こる場合、施工後3年目までに出ることがほとんどです。つまり、4年目以降は問題が起きる可能性がグッと減るということです。

4年目以降も定期メンテナンスに伺っていると、無駄な人件費がかかってしまいます。その分の手間と時間を施工に回すことで、価格も抑えつつ質の高い施工をご提供することにも繋がります。
もちろん、4年目以降も不具合があれば、直ぐに伺います。塗装後すぐに剥がれるといったことはまずありませんが、万が一の際には、どんな小さな塗り直しにも即日対応させていただきますので、ご安心ください。

最後に

「どんなに施工力が高くても、たまたま私の家を塗装するときに失敗されると困る…」
確かに、この可能性は残念ながら0ではありません。そのため、使う塗料によって異なりますが、最長10年の自社保障と塗料メーカーの保証を付けています。これだけの保障を付けられるのも、施工力に自信があるからです。

外壁や屋根の劣化状況は、1軒1軒、周りの環境や使用している塗料などが異なるため100軒あれば100通りです。
本当に長持ちするリフォームをするためには、施工の前に、しっかりとした建物診断をされることを心からおすすめします。
ユウマペイントは、診断にも自信あり!外壁塗装をご検討中でしたら、ぜひ一度お声がけください。

施工事例

お客様の声

イベント・チラシ

キャンペーン

ユウマのイチオシコンテンツ

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください
資料請求はこちら
お見積もりはこちら