船橋市にて屋根カバー・外壁塗装工事から2年点検

今回は、船橋市にて屋根カバー・外壁塗装工事から2年点検の様子をご紹介します。

■金属パネル外壁の調査

今回使用されているサイディングボードは、軽量で建物への負担も少なく、模様や色のバリエーションが豊富なため大変人気の高い外壁材です。
2年前の工事では、日本塗装名人社「無機uvコート水性遮熱」を使用して塗装しました。

外壁は下塗り2回行い、合計4回塗りを実施しています。
1回目は専用の下塗り材で塗装、2回目は素材に合わせた下塗り材で塗装をします。ですので、外壁がモルタルかサイディングかによって2回目の下塗り材は異なります。
素材に合わせた下塗りを2回行うことで厚みが付くだけでなく密着力が生まれ、本来の下塗りの役割を発揮することができるのです。

最近は4回塗りを行う会社様も増えてきましたが、様々なメーカーの下塗り材の長所短所を把握し、建物の素材に合った選定を行っている会社様は少ないと思います。

では、外壁からチェックしていきます。
 
艶があるうえ、塗膜の浮きなど外壁材自体にも異常もなく、とても綺麗な状態でした。

■付帯部の調査

次に、雨樋の様子です。
雨樋のへこみ、取り付け金具の緩み、塗膜の剥がれがないかを確認していきます。
金具の緩みもなく、樋には艶もあり綺麗な状態でした。

■屋根の調査

最後に、屋根の様子です。
今回は、屋根はカバー工法にて施工しています。
こちらのお客様の施工前の屋根は普通のスレート屋根(コロニアル)でしたが、将来のコストを考え、カバー工法をお選びいただいています。

塗装ではないので、屋根材のズレ・割れはないかなどをチェックしていきます。

写真でも確認できるとおり、綺麗な状態です。異常はありませんでした。
2年点検でも、塗膜や基材に異常はありませんでした。
塗装からまだ浅いので、異常がある訳がないと思われるかもしれませんが、異常がないことを確認しておくのと、しないのでは将来的に大きな差が出てくるかもしれません。早期発見、そして安心できる住環境のためにも、定期的な点検を行ってまいります。

■安心の定期点検の様子はYouTubeチャンネル【ユウマ通心】でもご覧いただけます

施工事例

施工事例
613
掲載中!

お客様の声

イベント・チラシ

キャンペーン

ユウマのイチオシコンテンツ

お問い合わせ


お気軽にお問い合わせください
資料請求はこちら
お見積もりはこちら
採用情報